THEOに追加投資&運用方針を変更しました。

THEOの追加投資実施と運用実績(3か月)

7月にWelthNaviを30万円から始めましたので、投資パフォーマンスを比較し易い様に、THEOの投資額も20万円追加して30万円にしました。

これまでのTHEOの運用成績は、4月19日~7月20日の約3カ月でドル建ベースで+2.4%でした。円建では+5.8%の運用成績ですが、これはUSD/JPY相場が112.1円と4月と比較して約3円ほど円安方向に振れている為ですね。

長期運用なので為替変動の影響を受ける円建ての運用利回りはあまり気にしないで(本当は、すごく気になりますがw)ドル建ベースの運用成績を定期的に点検して行きたいと思います。

THEOの運用方針のカスタマイズ

また、20万円の追加投資に伴いTHEOの運用方針をカスタマイズしました。
資産運用方針の変更は運用開始月を基準として年2回まで変更可能だそうです。

運用開始時(2017年4月)に自動診断でリスク許容度3/5の「配当・利息重視型」と判定された運用方針がグロース(株式中心に運用)34%、インカム(債券中心に運用)52%、インフレヘッジ(現物資産中心に運用)14%と堅実型で、後から始めたウェルスナビの運用方針がグロース61.6%、インカム23.4%、インフレヘッジ15%だったのでその差が気になっていました。

THEOの運用方針カスタマイズは、簡易版で「リスク許容度」を高くするか低くするか、詳細版で「値上がり益重視」「配当・利息重視」「インフレ対策重視」の3つのスライダーを動かして調整する簡単な方法です。

色々調整してグロース(株式中心に運用)68%、インカム(債券中心に運用)23%、インフレヘッジ(現物資産中心に運用)9%になりました。

さて、今回の運用方針の変更は、吉となるか、それとも凶と出るでしょうか?
運用実績については、これから定期的に報告していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする