One-AI(人工知能)活用型世界株ファンド運用成績報告(2017年12月)

2017年9月に購入した「One-AI(人工知能)活用型世界株ファンド 」の運用成績報告です。同ファンドは、日本を除く世界の株式を投資対象とし、アセットマネジメントOneが独自に開発したディープラーニングモデルを用いて、相対的に投資魅力度が高いと判断される銘柄を抽出したモデルの解析結果に、ファンドマネジャーの判断によりニュースフロー等のテキスト解析や個別企業のファンダメンタルズ分析を融合させ、ポートフォリオを構築します。

要するに、投資銘柄の抽出は、独自開発のAIが行い、最終的な運用判断は人間が行う運用方法を採用しています。
設定日2017年9月29日、最終償還日2027年9月24日(10年運用)の新しいファンドです。
買付報酬はノーロード(INT):インターネット型で無料ですが、信託報酬は年率1.5552% (税込)と少し高めですが、運用成績に自信があるのだろうと勝手に判断していますw

投資履歴

私は、本ファンドの設定日に100万円分(基準価格10,000円)で買付しました。
新設ファンドに投資したのは、本ファンドが初めてです。
当初は、マネックス証券で購入したのですが、SBI証券の「投信マイレージサービス」が魅力的だったので、11月にSBI証券に移管しました。
その際、投資信託の移管手数料3,240円(税込)をマネックス証券に支払いましたw

今回報告の損益(トータルリターン)

今回報告(2017/12/29)の評価額は1,068,600円トータルリターンは+65,360円です。
購入日から91日で約6.51%の利回りですから大健闘ですね。
まだ、新しいファンドなので、来年(2018年)も大きく伸びて欲しいですね。

次回の運用報告は、3ヶ月後の2018年3月位を予定しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする