ひふみプラス運用成績報告(2017年12月)

2017年5月9日より、NISA枠で積立購入している「ひふみプラス」の運用成績の報告です。
ひふみプラスは、ひふみ投信マザーファンドを通じて、国内外の上場株式を主要な投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資しています。実質的に信託財産の総額の50%までを株式以外への資産で保有できる仕組みにすることで、株式の上昇が予測される局面では株式の組入比率を高め、一方で下落が予想される局面では株式を売却、組入比率を低めることにより、資産を守りながらふやす運用を行っています。

設定日は、2012年05月28日、償還期限は無期限です。
ノーロード(買い付け手数料無料)で信託報酬 (税込)は、年率1.0584% です。
本ファンドは、 SBI証券の投資信託ランキングで積立設定金額(月間) 1位 、積立設定件数(月間) 1位、NISA販売金額(週間) 1位 と、ランキング3冠王の超人気ファンドです。

投資履歴

投資履歴は、5月~10月まで毎月3万円の積立投資を設定していましたが、運用成績が良いので10月19日から毎週1万円の積立に変更、更に11月8日以降は、NISA枠を使い切るために毎日1万円の積立に変更しました。
2017年の積立総額は490,000円、保有口数129,139、平均取得価格は、37,943.61円です。
2017年05月09日積立開始当時の基準価格は、32,966円でしたが、2017年12月29日現在の基準価格は42,235円(+9,364円)まで伸びました。

今回報告の損益(トータルリターン)

今回報告(2017/12/29)の評価金額は545,418円トータルリターンは+55,418円です。
積立開始日から234日で約11.30%の利回りですから、私の保有している投資信託の中で一番高い運用利回りを実現してくれています。
とても評判の高いファンドでしたが、ここまで伸びるとは思っていませんでしたw
来年(2018年)も引き続き積立予定ですので、更に大きく伸びて欲しいですね。

次回の運用報告は、3ヶ月後の2018年3月位を予定しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする