ロボアドバイザー「楽ラップ」を始めました

ロボアドバイザー「THEO」と投資パフォーマンスを比較しようと思い立ち、10万円から投資できるロボアドバイザーを物色したところ「楽ラップ」というロボアドバイザーを見つけたので口座開設してみました。

楽ラップとは

楽天証券の楽ラップは、割安な手数料で手軽に利用できる「ファンドラップ※」です。

ファンドラップとは
個人のリスク許容度や投資に対する考え方を金融機関の専門家がヒアリングし、それに合わせてピッタリな資産配分を組み、投資一任契約を結び、管理や運用を一括して行うサービスです。

これまではファンドラップサービスを提供するのは大手証券会社であり「対面サービス」に限られていました。運用を一任できるかわりに手数料が割高になることや、まとまった投資資金が必要になるなど、利用者には使いにくいと感じる面もありました。

しかし楽ラップは、インターネット上でファンドラップサービスを提供することで人件費をカットして、ラップサービスで大きな負担だった手数料を軽減することに成功しました。
しかも投資金額は最低10万円から。気軽な気持ちで資産運用できるメリットがあります。

楽ラップの簡易診断

楽ラップを始めるには、楽天証券に口座を開設して以下の画面に移動し「診断をはじめる」をクリックしてアンケートに回答します。

質問内容は、以下のような内容になっています。
その時々が変わる内容もあるかもしれませんが性格診断のような内容です。

01)あなたの性別を教えてください。
02)あなたの年代を教えてください。
03)交流会に参加したところ、知り合いが1人もいませんでした。あなたはどうしますか?
04)少し体の調子が悪いと感じました。どうしますか?
05)年始にデパートに行ったら福袋が売られていました。どうしますか?
06)貴方の使ってるスマホの試作が出ました。どうしますか?
07)懸賞に参加するとしたら、あなたはどちらを選びますか?
08)市況が変化していく中で、長期投資で成功するためにあなたの考えに近いのはどちらですか?
09)野菜を買う時に、どのように選びますか?
10)初対面で人の性格を見分けることが得意ですか?
11)100万円の「臨時収入」がありました。あなたならどのくらい貯金しますか?
12)金融商品に対する投資によって期待する収益額としてどれが近いですか?
13)将来のあなたの所得は、以下のイメージでどれが一番近いですか?
14)あなたは現在の仕事に不満があります。どうしますか?
15)あなたの投資歴を教えてください。
16)金融商品に対する投資は総資産のどれくらいの比率が適切だと感じますか?

5、6番の質問なんかその人の性格がもろに出ますよねw
新作スマホを「事前予約する」人は、投資スタイルも積極的と判断するのでしょうか?

楽ラップの診断結果とポートフォリオ(資産配分)

全ての質問に答え終わると、運用コース番号、これから投資する資産のポートフォリオ(資産配分)が表示されます。



私の場合は、国内株式+海外株式で40.7%、国内債権+海外債権で50.3%、REITに6%で、やや安定重視型の割合でした。後は買付余力から申込金額を入力して、口座区分(特定口座)と手数料コース(固定報酬型、成功報酬型)を選択してOKです。

手数料体系

楽ラップの手数料体系は、以下の通りです。
手数料体系は、「固定報酬型」と「成功報酬型」のどちらかを選択できます。

手数料名 手数料の説明 固定報酬型 成功報酬型
①投資顧問料 投資一任運用サービスに対する手数料 0.162% 0.054%
②運用管理手数料 資産管理等に対する手数料 0.540% 0.540%
③成功報酬 運用成果に応じて支払う手数料
(成功報酬併用型を選択した場合)
※0.108%
手数料率合計  ①+②+③ 0.702% 0.702%

※成功報酬の手数料率は、累積運用益が運用資産の20%を実現したケースを筆者が仮試算

うーん、単純計算ですが、投資資産にする累積運用益が20%以下なら、成功報酬型の方が固定報酬型よりも手数料が安くなりそうですね。

ということは、長期運用で累積運用益が上がると、成功報酬率も上がりますが、
3~5年の短期で、累積運用益が20%以下なら「成功報酬型」を選択した方がいいのかな?

でも、私の計算が間違っているかもしれませんのでw、とりあえず今回は、分かりやすい
「固定報酬型」を選択しましたよ。

上記の手数料体系は、運用資産1,000万円以下の場合で、運用資産が5,000万円、1億円を超えると②運用管理手数料が低くなります。
まぁ、私の様な小市民の個人投資家にはあまり関係なさそうですw

楽ラップの手数料について詳しい説明はこちらをご覧ください。

楽ラップの運用実績については、これから定期的に報告していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする