楽ラップの運用実績報告(2018年3月)

ロボアドバイザー「楽ラップ」の2018年3月30日までの運用実績を報告します。

楽ラップの運用実績(2018年3月30日)

運用開始日(2017/5/9)から325日の運用期間で、投資金額30万円に対するトータルリターンは△4,084円、楽ラップを開始してから初めてマイナス成績になりました;;

運用コースの状況

私の契約当初(2017/5/9)の運用コース(コース番号1000600)は、株式運用37.2%、債券運用53.8%、現物投資5.9%、現金/MRF3.1%で、やや債券寄りの運用方針でした。

現在の運用コースは、 積極型-TVTなし(運用コース番号:1000400)です。
基本的にはリスクをある程度見込んで収益性を追求したい人のためのコースで、日本を含む世界の株式の投資比率を高位にするとともに、REITにも一部投資することで、資産の成長を図ります。また日本を含む世界の債券にも投資することで資産の保全にも配慮します。
という説明なんですけど、2017年11月にコース変更後、2018年2月、3月の株価下落の影響をモロに受けたことになりました;

以下のグラフは、楽ラップに組入されている先進国株式インデックスと日経平均の比較です。日経平均の下げ幅以上に下落していることが分かりますね;
さて、今後はどうなっていくでしょうね?

次回は、6月末日の運用報告を7月中旬位に報告予定です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする